「こうあるべき」を脱ぎ捨て「ハッピーな社会」から逆算すれば、選択肢はたくさんある。

インタビュー
「こうあるべき」を脱ぎ捨て「ハッピーな社会」から逆算すれば、選択肢はたくさんある。

キャリアに一貫性がないことはデメリットになる…そう考える人は多いかもしれません。でも「思い」に一貫性があれば職種や業種なんて些細なこと、と思わせてくれたのが、今回ご登場の福田栄子さん。アーティスト活動から大企業の事務職を含め6度の転職ののち、現在はフルリモートのスタートアップベンチャーで働きながらアーティスト活動を再開された福田さんのエネルギッシュな生き方には、学びたいことがいっぱいです。

Mentor's Profile
福田栄子さん
スタートアップ勤務 × 音楽アーティスト 
東京都出身。学生時代からボーカルグループなどでの活動を始め、大学卒業後はイベント業界で仕事をしながら音楽活動。25歳で大手通信会社に事務職の契約社員として中途入社し、28歳で結婚、29歳で出産を経て31歳で転職。以降6度の転職を経て、現在はスタートアップでフルリモートで時短勤務で働きながら、音楽活動も再開し、2020年2月にシングルをリリース。

自由なアーティスト活動から、大手通信会社の事務職への転身

――大学卒業後、就職をせずに音楽活動をされていたんですね。

小学校から大学までエスカレーター式の私立で育ったのですが、学生時代は合唱やボーカルグループなどの音楽活動のほか、学級員や学生自治会などの活動も積極的にやっていて、割と優等生だったんです。それで就職の時期になった時には一度ゼロベースで自分がやってみたいことを選んでみようと思い、フリーランスでイベント業界で仕事をしながら音楽活動をするという自由な働き方をしていました。

――そこから大手通信会社への就職というのは、どんなきっかけがあったのですか?

25歳の頃、自分がアーティストとしてマネタイズしていくには不向きだと感じるようになったんです。そこでボイストレーナーになるか、イベンターとして運営側で生きるか、もうひとつ当時、通信会社の販売促進の仕事をしていたのですが、その仕事も好きで、全国の売り上げ上位で表彰されて、社員にと声をかけてもらっていたこともあり、3つの道で悩みました。その結果「大きな組織で学べることの大きさ」や「社会に与えられるインパクトの大きさ」を考えて、3つ目の道を選びました。

契約社員の事務職のまま、CMのプロモーションを担う!

――通信会社ではどのような役割を求められたのですか?

最終的にはプロモーションに携わっていました。販売の現場でセールストークを作ったり研修をしたりといった草の根的な仕事から、CM制作まで、幅広く携わりましたね。当時は残業もそんなにうるさく規制されていませんでしたらか、9年間、朝9時から夜12時までバリバリ働いていました。とはいえ、契約社員の事務職採用だったのですが。

――えっ、どうやってそこまでキャリアを積み上げたんですか?

職務の範疇を超えていろいろやらせてもらっていたんです。事務職というのは、あるお金を効率化をしていく仕事だと思うんですが、やっているうちに、ほかにできることが見えてきて、それを会社に提案したんです。それから営業に同行させてもらって、アイデアを企画書に落として、プレゼンして、見積もりを組んで、とじわじわ裁量を広げていって、先方の担当者からも「あなたが担当だよね」というふうに認めてもらえるようになって。最後にはクライアントの偉い人からの指名で、全国の店頭ムービーの撮影現場にオブザーバーで立ち合うなど、面白い仕事も経験できました。

――最初にそれを言い出すのには相当の覚悟が要りますよね。

そうかもしれませんが、入社前の段階で年間何千万かは売り上げを立てていたので、数字が出せる目算があったんです。それで、「3000万円くらい持ってくれば、私の残業代なんて出せますよね?」という感じで上司に提案しました。

――上司や周囲は、すんなり受け入れてくれたのでしょうか?

もちろんいろいろ言う人はいましたが、実績を出すことと、仲間とクライアントから可愛がってもらえることを大事にしていました。結果的には、相当の数字を上げて社長賞を取ったりしていましたから、みんなも力を貸してくれたのだと思います。

本来のゴールから逆算すれば、取るべき行動が見えてくる

――営業職に異動しようとは思わなかったんですか?

営業職として重い数字を持たされてKPIを回し続けるというのも、事務職でバックオフィスの最適化だけをするというのも私には向いていなくて。その中間の立ち位置で、俯瞰しながら足りないところやプラスオンすべきところを探して動くのが楽しくて、しかもそれができる状況を作り出せていたんですよね。

――雇用形態や担当部署を超えて働くのは、リスクもデメリットも背負うと思うのですが。

もちろん「言われた通りにやれ」っていうニュアンスの人もいましたが、ギリギリのところまで攻めていると、担当者の中には必ず「実はもっと挑戦したい、違うことをやりたい」と思っている人がいるんです。そういう人と飲みに行って仲良くなったりしながら味方を増やして、行動に移していきました。

――そのモチベーションの原動力はなんだったのでしょう?

「やっちゃいけないことって別にないよね」っていう気持ちと、「私たちが追いかけているゴールは本来同じだよね」っていう気持ちですね。親会社か子会社かも、年齢も雇用形態も関係なく、ピュアに考えると、「お客様に喜んでもらいながら売り上げを上げること」を求めているのは全員同じはずで、そこから逆算して一番イケてる施策をすべきじゃないか、と。

フルリモートの職場で出会った、パワフルなパラレルワーカーたち

ーーそんなふうに成果を出してきた会社を辞めたきっかけは?

29歳で出産して、30歳で復帰したのですが、子供を生んでから価値観に変化が起きてきて、「どうすれば子供が将来大きくなった時に残したい世界をつくれるか」みたいなことを考えるようになったんです。そうして「この先も大企業の歯車としてやり続けるのか?」と自問をすると、外に出てみたいという気持ちになって。それ以降はその都度、自分のできることやしたいことを考えていろいろ組み合わせながら6回転職してきて、1年半ほど前から現在のフルリモートの仕事をしています。

――フルリモートとなると、人間関係の組み立て方は大きく変わりそうですね。

それが、今の職場が本当に変わっていて。すごいパラレルワークをしているユニークな女性がたくさんいて、刺激され通しなんです。清々しく前を向いて、みんなで気持ちよく仲良くやっていこうという、自由で前向きで行動力がある人ばかり。そういうのはフルリモートでも感じるんです。

――いい職場に恵まれましたね。

良い「気」を出している人に触れるっていうのは必須ですね。嫌でも刺激されます。でも別に、職場を変えなくても、今の時代はさまざまなコミュニティもありますし、そういう場を持つことは自分次第でできると思います。

自分の思い描く「ハッピーな社会」のための選択を

――そんな中、ミュージシャンとしての活動も再開されたのですね。

ある憧れの女性ミュージシャンがいたのですが、私がライブイベントを企画していて、かつての音楽仲間に連絡を取ったところ、たまたまその子が、私の憧れのミュージシャンのバックバンドをやっていて、私の思いを伝えてくれたんです。そこから少しずつ仲良くなったことが、私の音楽活動の再開、シングルリリースの後押しになりました。

――偶然のご縁がつながったのですね。

でも今の時代って、直接接点がなくても、SNSなどで思いを伝えて、それが相手の心に響けば、割とすぐ近づくことができると思います。実は今の仕事も、そもそもは取締役COOのツイートを何度か引用ツイートしているうちに、声をかけていただいたんです。

――思いを行動に移す力があってこそですよね。

その一歩を踏み出すデメリットって、「自分が変に思われたらどうしよう」っていう程度のことで、お金も何も掛からないし、失うものなんて何もない。だったら即行動じゃないですか? それに、人への愛情とか感謝って、言わないと絶対伝わらないから、私は家族や仕事相手の人も含めて、ポジティブな感情はすぐに伝えるようにしています。

――そういう積み重ねが今につながっているのでしょうね。

そうかもしれません。お金とかキャリアよりも「好きな人に囲まれていたい」「みんなの強みを生かして良い社会をつくりたい」っていうのを、一歩一歩実現したいと思っています。

Clarity Mentorに登録して、このシェアサポーター(メンター)さんと直接お話してみませんか?


Clarity Mentor(クラリティ・メンター)は、キャリア女性のためのメンターマッチング・プラットフォームです。自分と似ていて、ちょっと先を行く「普通+α」な女性 = 通称「シェアサポーター」さんに、キャリアとライフイベントの両立方法についてリアルな体験談を聞けたり、こんな時どうしたらいいの!?といった不安や疑問を気軽に相談することができます。
 
今回インタビューさせていただいた福田さんにも、直接お話をお伺いすることができます!
福田さんのプロフィール、相談リクエストはこちらから!(※閲覧には新規登録/ログインが必要です。)

「こうあるべき」を脱ぎ捨て「ハッピーな社会」から逆算すれば、選択肢はたくさんある。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました