コロナで就職活動に遅れか 大学生の内定率69.8%(2020年11月17日)

未分類
コロナで就職活動に遅れか 大学生の内定率69.8%(2020年11月17日)

新型コロナウイルスの影響で就職活動に遅れが出たとみられます。

 厚生労働省によりますと、来年春に卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日現在で69.8%で、前の年の同じ時期より7ポイント低くなりました。内定率が70%を下回るのは4年ぶりのことです。大学別に見ると、国公立大学が約72%、私立大学が約69%でした。厚労省は就職活動に遅れが出るなど新型コロナウイルスによる影響があったとみていて、支援を続けながら動向を注視したいとしています。このほか、短大生の内定率は27.1%にとどまっていて、実習の遅れなどが影響しているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました